[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Edit]

恋は盲目

太宰治の斜陽の女主人公は、「人間は恋と革命のために生まれてきた」と言っていたけれど、僕らは大体、恋と麻雀のために生きている。

病院のベッドの上で時間だけはたっぷりあったので、よしなしごと、色んなことを考えたけれど、入院前に聞いた恋の話がどうにも心に引っかかっていた。僕にはどうすることもできないし、季節はクリスマスも過ぎ、おそらくはきいた話も解決しているだろうと思いながら、恋とは天と地ほどまったく縁遠い病院のベッドの上で、これまた病院のベッドに似つかわしくない何切る本を広げながら、僕は、恋と麻雀は似てるよな、なんてことを考えていた。机上の空論ならぬ、ベッドの上の空論と聞き流していただきたい。

まず、経験や技術の差があっても勝てると保証できない不確定要素、運頼みな部分が大きいことと、知識や理論だけでなく感覚も大事であること、加えて押し引きが重要なこと。特に押し引きは本当に難しくて、押してはいけないときに押してしまったり、押すべきときになぜかベタ降りしてしまったり・・・臆病すぎてもダメ、押しすぎてもダメ、じゃあいったいどうすればいいのか?と混乱したことはないだろうか?

恋と麻雀の共通点をざっと挙げてみたが、これだけははっきり言えるのは恋の喜びも麻雀の勝利も、とても儚い、ということだ。昨日まで好きと言っていた恋人が急によそよそしくなったり、50000点持ちのトップ目でオーラス役満を親かぶりすることだってある。薄い氷の上を歩いているようだ、と言っている人がいたけれど、なんと的確な表現だろうか。いつ割れてしまうかわからない不安を常に感じながら、それでもどうして僕たちは、その薄い氷の上を渡っていこうとするのだろう?理由はただひとつだけ、好き、だからだ。

斜陽の中に、ウォン・カーウァイの映画の台詞にも転用されていた、美しい一文がある。
「六年前の或る日、私の胸にかすかな淡い虹がかかって、それは恋でも愛でもなかったけれども、年月の経つほど、その虹はあざやかに色彩の濃さを増してきて、私はいままで一度も、それを見失ったことはありませんでした」
空に架かった虹は時とともに消えてしまうけれど、心に架かった虹は簡単には消えてくれない。そして思い悩むのだ、あの人の心の虹は、雨のあとの虹のように消えてしまっただろうか?と。

恋の始まりは誰しもが淡く美しい想いを描くのに、いつのまにかその虹は炎を纏った煉獄に変わってしまう。それはなぜか?恋をすると、人はいつの間にか相手を見ながら自分のことばかり考えるようになるからだと僕は思う。相手の言葉、態度に一喜一憂させられ、怒り、時に悲しみ、それを相手にぶつけるようになるのだ。よく、喧嘩のあと仲直りして仲が深まることを雨降って地固まる、などというが、それは見せかけに過ぎず、ただ単にどちらかの忍耐と寛容に依っているだけのように思う。その堪忍が切れれば、あっという間に雪崩や地すべりを起こしてあとかたもなくなるだろう。相手が自分を見てくれない不安をぶつけるようなときは、もはや相手を好きなのではなく、自分がかわいいだけのように思えてしまう。それはもう恋とは呼べないのではないか?と。たぶんそんな風に思う僕がおかしいのだ、世の中の多くの人はそれで関係が成立しているのだから。

淡い虹のような想いは、いつまでも虹のようでいられないのだろうか?胸のあたりが仄かにあたたかく、その相手が存在するだけで世界のすべてに感謝できてしまうような、そんな想いを、僕はいつまでも忘れずにいたいと思うのだ。僕が人を好きになったときの気持ちに一番ぴったり来る台詞が、空の境界の中にある。
「見えない不安って口にしたら嘘になるだろ。わからないまま信じるのが恋愛なんだ。恋は盲目ってそういう意味じゃないの?」
恋は盲目、の本来の意味から外れてるかもしれないが、僕は式のこの言葉が好きだ。

恋と麻雀を並べるなんて不謹慎なことかもしれないが、僕の中の麻雀という虹も一ヶ月の入院生活でも消えずに残っていた。好きな人や大切な人に会いたいと想うのと同じくらい、麻雀を打ちたいと想っていた。完全に復帰するにはまだ時間が掛かりそうだが、今は、それが短い僅かな時間であっても、再び麻雀が打てる喜びを噛みしめている。

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【恋は盲目】

太宰治の斜陽の女主人公は、「人間は恋と革命のために生まれてきた」と言っていたけれど、僕らは大体、恋

まとめ【恋は盲目】

太宰治の斜陽の女主人公は、「人間は恋と革命のために生まれてきた」と言っていたけれど、僕らは大体、恋

Comment

空の境界いいですよね~
ブログも更新されず、TwitterのTLに現れないと思ったらそんなことになっていたんですね、完全回復したら個室でもなんでも打ちましょう↑一刻も
早い復帰を天鳳で待ってます
  • 2012-01-17│17:28 |
  • 沢登 URL│
  • [edit]
No title
おいおい入院していたとか今知ったぞ
戻ってくるのを待っているぞ!
お大事に
  • 2012-01-18│09:13 |
  • くろ URL│
  • [edit]
Re:
沢登さん>
ありがとうございます、なんとか復帰できるようにがんばります。
麻雀は、そう簡単に止められるものじゃないみたいです。

くろさん>
いまさらのおへんじ。ちゃんと戻ってきたよ。
  • 2012-06-19│12:47 |
  • 蒼猫 URL│
  • [edit]

Post a comment

Font & Icon
Secret



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。