[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Edit]

ア・オ・ゾ・ラ・マ・ー・ジ・ャ・ン

自分がブログタイトルにしている蒼空麻雀は、
屋外でするそのままの意味の青空麻雀からではなく
すごく昔に見たドラマのタイトルからいただいています。

「ア・オ・ゾ・ラ・マ・ー・ジ・ャ・ン」は、堺雅人主演の深夜ドラマで、
新宿のとある雀荘が舞台になっていました。
その頃自分はもちろん麻雀をまったく知らなかったのに、
当時新宿に住んでいたので、家の近所が舞台だというだけで見始めました。
新宿に雀荘というものがたくさんあるということは知っていたけれど
たぶん、いつか自分が行くことがあるとは思いもしなかったと思います。

自分が見ていたそのドラマは、昔過ぎてうっすらとしか覚えていないのですが
エリートサラリーマン(死語かな・・・)からドロップアウトした主人公が
雀荘の店長をしていて、客との交流やその淡々と過ぎる日々が描かれていました。
そこへ一人の女子高生が迷い込んできて・・・というお話でした。
心の中の何処かにさびしいものを抱えている者同士の恋は、なかなか前に進まないもので、
でも自分は、その見ている人をもどかしくさせるような恋に、憧れていた気がします。

先日、新宿でのセットに参加させていただいたのですが、
自分は家の用事で待ち合わせの時間に随分遅れてしまいました。
中央東口の改札を出て、まっすぐ進んで階段を駆け上がり、
交差点の信号が青に変わったのを見て、そこに向かってまっすぐ、走って行きました。
ビルの写真を見ただけでそれがどこかわかっていて、迷うこともなかったからです。

セットは、自分にとってはもの凄くキツイ面子だったので
正直、勝てる気は全くしなかったのですが、
(打ち始めて、あまりに慌てすぎて2回もチョンボしてしまうし・・・)
そこに座っている以上、勝ちたいと思って打ちました。
萎縮して自分の手ばかり見ていて、ふと顔を上げたとき、
麻雀を始めたばかりの頃に師匠に言われたことを思い出しました。

麻雀を打つときは、自分の中に勝ちに向かう流れを作る。
逃げるときは逃げる流れを、追うときは追う流れを、自分の中に作る。
その言葉を思い出したときに、同卓している人たちの意識が自分の中に流れこんできて、
自分は生まれて初めて麻雀を打ったような気がしました。

セットの帰り道アルタのディスプレイを見上げながらふと、ブログのタイトルに選んだほどに
自分が憧れていた場所に行けたんだなぁということを思い出して、心の中で声を上げました。
ブログを始めたとき、自分もあのドラマの中の女の子のように、
自分の居場所を探していたのかもしれないな、と想ったりして、
でもそれは気のせいだということにして、駅の改札に向かう階段を降りました。

ブログを随分長い間、放置してしまいました。
コメントを下さった方、お返事も書かずに申し訳なかったです。
書きたいこともたまっているし、ぼちぼち更新していきます。
赤なし会もそろそろちゃんとした形にしたいなと思っています。
これからもどうぞ、よろしくお願いします。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。